FC2ブログ

Entries

【真のヒロインは】悪魔狩り~冠翼の聖天使篇~【マギーじゃなくウリエル】

 いらっしゃいませコンニチハ、九十九です。

 今回は、以前にご紹介しました戸土野正内郎先生の漫画【悪魔狩り】――
 その続編というか本章、前半に当たる《冠翼の聖天使篇》をご紹介したく
 前回同様にアヤさんの部屋、学園の寄宿舎に忍び込みたいと思います。
 男子禁制の秘密の花園……もちろん見つかれば想像を絶する酷い目に
 遭わされること必至ですので、暫し声を潜め息を殺して進んで行きます。

 

 《冠翼の聖天使篇》は、前回ご紹介した【悪魔狩り】をプロローグとして位置付け
 主人公のミカエルとマギーを中心に、掲載雑誌を替えて始まった本章となります。
 ハリウッド映画によく見られる”偶然ヒットしたから無理矢理作ったクソ続編”ではなく
 当初からキチンと企画・計画されていた続編であり前作との整合性は言わずもがな、
 【悪魔狩り】にて断片的に語られていたミカエルの壮絶な過去や因縁が絡んできます。

 ――おっと、そろそろアヤさんの部屋ですね。
 今回は少し趣向を凝らして、まだ夜中ですけど伝説の《早朝バズーカ》で派手に……
 あれ、前回忍び込んだ時にはこんな廊下の真ん中に汚い箱なんて無かったような


道化師「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン☆
 ここからはウリエルたんFCのオイラがアシストだぞ!」


 

 出たな、ロリー・ショタズ……。



 物語は、前作での戦いからおよそ1年の後に幕を開ける……。

 《悪魔狩り》の宿命を背負い、未だ謎多き過去の因縁から
 闇に落ちることも厭わず大陸各地で剣を振るい続けるミカエル。
 そんな彼の傍にはいつの間にか、賑やか担当の少年・ルッカと
 彼に心惹かれて足取りを追っていたマギーが和やかに集う。

 それと時を同じくして、宿敵・ガブリエルが姿を現した。

 

 天使の如き微笑みを浮かべる優男の青年・ガブリエルこそ
 命を賭け・人心を捨て、ミカエルが真に”殺そう”とする人物であった。
 しかし強力な魔法を使うガブリエルには剣の切っ先すら届くことなく……
 逆に”かつての絶望”の再現を受けて倒れてしまったミカエルは
 マギーたちと共に聖者ラハブの隠れ家へ匿われることとなる。


 

 という訳で、ミカエルとマギーの再会から加速度的に進みだします本編。
 ちなみに、本作で最も重要な《聖天使》と呼ばれる4人のキャラクターがおり
 上図の右から主人公のミカエル、紅一点のウリエル、お調子者のラファエル、
 そして見た目はもやしっ子なのに最強最悪の敵・ガブリエルとなっております。

道化師「ウ、ウリエルたん可愛いよハァハァ」

 ……。
 この4人の《聖天使》は元々、高度な魔法技術と悪魔たちを従えることで
 長きに渡って大陸を支配していた種族がその復権を目論んで作り上げた
 ”神にも匹敵するほどの力”を持った子供たちで、しかしそれを良しとしない
 敵勢力との戦いの混乱の中でそれぞれ異なる人物の許に引き取られ成長、
 ”全人類淘汰”を企むガブリエル討伐を目指して共闘・時に敵対したりします。

 紅一点のウリエルは4人の中でも最年少。一時は大陸を掌握する教会の許で
 ”人間兵器”を目指して修練され洗脳され姉を殺されてしまったりするのですが
 それを見兼ねたラハブによって救出、共に教会から追われる身となっています。
 とても可哀想なことに、その力は『聖天使でも最も弱い』と明言されてもいたり。

 でも可愛いし健気だし九十九も好きです。(*´д`)

道化師「同志!」

 握手!

 

道化師「だから、オッサンは触れるなF●CK!!」

 もうやだコイツ絡み辛い……。orz


 それぞれの宿命を背負い、希望を探し、集いし4人の《聖天使》。
 大陸全土を巻き込む死闘の果てに、それぞれの歩む運命や如何に。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

犬鍋九十九

Author:犬鍋九十九
映画【劇場版 零~ゼロ~(2014)】と各種ホラージャンルをこよなく愛する昭和生まれの独身貴族もとい貧民♂

 


FC2小説も連載中。

最新記事